学割コースに必要なもの

- 学割コースに必要なもの

学割コースに必要なもの

キレイモで全身脱毛を受けたい、という学生の人の多くは未成年だと思います。
大学生であれば、成人している人もいるかもしれませんがカバー範囲から考えると、やはり学割の対象者のほとんどが未成年になりますね。
そして、全身脱毛エステは学割を使っても一度に大金を使った契約になっていますので未成年者の独断だけでエステを受けることはできないようになっているんですね。
今回は、学生の中心である未成年者の申し込みについてを紹介しましょう。

未成年者は同意書を忘れずに

まず、学割を受ける希望者さんは未成年者の場合は必ず保護者の同意書を提出しなければ学割どころかそもそも全身脱毛エステの契約すらすることができないようになっているのです。
未成年者の場合だと、単独で大金のある買い物をさせる際に良心の同意書がないままやってしまうと、それがちゃんと家のお金から出ているのかということやその後の責任問題などで店側の責任にならないように、しっかりとチェックしていますので必ず同意書を忘れないようにしましょう。
学割についてはコチラのページも(http://kireimo.jp/gakuwari/)ご覧ください。


同伴の必要はない

全身脱毛を取り扱っているエステサロンでは、中には未成年者の場合は良心や保護者などの同伴でないと契約できないというものもあります。
しかし、キレイモでは同意書にサインをちゃんともらっていればそれでいいので保護者の同伴は必ずしも必要ではないんですね。
同意書も、インターネットからダウンロードしてプリントアウトすることができますので店頭にわざわざ一度顔を出さなくてもいいというところも便利ですね。

まとめ

学割の場合は、同意書の他にも自分が学生であることを証明するための在学期間中の学生証、在学証明書、生徒手帳などのものが必要になりますので此方も必ず忘れないように持っていきましょう。
それさえ持っておけば、基本的にカウンセリングの時点で一人で受けることができるので、同意はもらえるけど両親が忙しくて、という人でも安心して契約することができます。

関連記事: